20回転職した男 第3話「10年遅れの就職活動」

 

就職しやがれ!

就職しやがれ!

  • 発売日: 2018/12/26
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 

飲みニケーション

 

警備会社に勤めていた時は

職場の人たちは

おじさんが多く

当時は夜勤で働いていたので

夜仕事をして

朝仕事が終わり

仕事終わりに職場のおじさんたちと

飲みに行く

ということを

毎日のようにやっておりました

 

その職場のおじさんたちは

それぞれにいろんな

人生を歩んできた方たちなので

そんな方たちと

毎日のように飲みに行けたことは

私にとってはとても重要な

期間であったと思います

 

そういう飲みの席を

最近の若い子は嫌う風潮も

ありますが

私はお酒が好きだったこともあり

そこまで嫌ではありませんでした

 

その飲みの席で

年上の人に対する礼儀作法など

いろんなことを学ぶことができたと思います

 

 

就職しようと決めた言葉

 

しかしこのころから

私はようやく将来のことをうっすらと

考え始めます

 

それもよく飲みに行っていた

職場のおじさんから

いつまでもこんなことしてちゃダメだ

ちゃんと就職しねぇとダメだ

と言われたことがキッカケでした

 

妙に説得力があり

私もようやく就活をすることにしました

 

 

10年遅れの就職活動

 

就活を始める際

皆さんは何をしますか?

 

などなどいろいろ思いつくかと思いますが

私が最初に行ったのは

図書館に行き「お仕事図鑑」みたいな

中学生や高校生が読むような図説の本を

借りてきました

 

そう、私はそもそもで社会に

どんな仕事があるか

あまりわかっていなかったのです

「ゼネコンってなんだ?」

「小売業ってなんだ?」

ということを本を読んで学び始めたのでした

 

30歳を間近にして

ようやく一から就活を始めたのです

 

資格がない男

 

本を読んだものの

興味を持つ仕事もなく

そもそもで何も資格も持っていない

 

その当時というか

現在も引き続きですが

保育士不足が叫ばれていました

 

いろんな資格がある中で

私は保育士は人手不足だから

資格があったら食いっぱぐれがないだろう

という安易な考えのもと

ユーキャンで保育士資格の勉強を始めました

 

1年では保育士資格とることはできませんでしたが

2年目の試験で保育士資格を取ることができました

 

 

この1年目と2年目の間に

働いていた警備の現場の契約が切られてしまい

そのまま会社を辞めることに

有給休暇もしっかりもらえたので

その間に自動車免許を合宿で取りに行きました

 

資格が何もなかった私ですが

一気に自動車免許、保育士資格

を手に入れることができました

 

資格がとれたことにより

保育関係の企業に就職することが決まりました

 

 

20代を私はアルバイトで過ごしました

もったいないと思う方もいるかもしれませんが

そのバイト先でいろんな人たちに出会い

いろんなことを学べたように思います

 

結果的に就職なんて

いつでもできたから

これでよかったなと

その時は思っていました

 

順調に決まった就職先でしたが

入ってみたら……という感じでした

 

就職って大変なんだなぁと

感じることに