20回転職した男 第5話「ホワイト企業に入ってうつ病になった男」

仕事を辞めたい

 

仕事を辞めたいけど

なかなか言い出せず

毎日辛い思いをしながら

通勤している人も多いかと思います

 

私も前回お話ししたブラック企業から

転職をした先で

そういう思いをしながら

仕事をしていました

 

 ↓前回のブログ

moyadoka.hatenablog.com

 

 

ホワイト企業だったが

 

その職場は

ちゃんとしたホワイト企業でした

 

ホワイト企業がどんな感じかは

わからなかった私ですが

以前勤めていた

ブラック企業とは違い

しっかり休憩がとれ

残業があった際には残業代も支払われ

しっかり一年目からボーナスも出る

また社員に負担にならないよう

仕事量も少なく

時間に余裕をもって仕事ができる環境でした

 

しかしブラック企業から

急にホワイト企業に入ってしまった私は

急激な仕事環境の変化に戸惑ってしまいます

 

仕事量が極端に減ってしまったため

暇で暇でしょうがなかったです

 

また従業員もまともな人間が多く

まともではない私は

職場の人間とも仲良くなれず

どんどん居場所がなくなっていってしまいました

 

本来ならば

ホワイト企業に入ることができて

喜ぶことだったのですが

私は毎日仕事に行きたくない

という思いを抱えながら仕事をする日々を

送っていきます

 

 

サザエさん症候群

 

入ってすぐにそういう思いになってしまい

すぐに辞めるということも頭にはなく

「1年は頑張ろう」

など今考えると不思議な期限を自分で決めて

憂鬱な日々を過ごしていきます

 

俗に言う

サザエさん症候群

というものにもなってしまい

毎日朝が来るのが嫌な気分でした

 

今思うと

こういう精神状態になっている時点で

おかしくはなっていたのだと思います

 

すぐには辞められない

という思いから

ズルズル出勤している

ある日の朝

いつものように憂鬱な思いで

目覚めると

少し眩暈がしました

 

別にそんな大した眩暈でもなかったのですが

仕事が休める理由になると思い

病院に行くという理由で

仕事を休むことに

 

 

適応障害、軽いうつ

 

自分の中でも

精神的なものだとはわかっていたので

心療内科の入った病院に行きました

 

病院の先生に

いろいろお話を聞いてもらうと

病院の先生は

適応障害、軽いうつ病

という診断をされました

 

診断名がつくほど

自分の精神状態が弱っているとは

思わなかったので

正直少しショックでした

 

ショックだったのと同時に

診断書もらえたら仕事を辞められるかも

という思いもありました

 

結局体調は悪くなかったため

翌日は出勤することに

上司に昨日病院で言われた診断を伝え

来月末で辞めたいことを伝えました

 

診断名が診断名だっただけに

上司も仕方がないと

私の申し出を受け入れてくれました

 

これで精神的にも楽になり

あと一か月頑張ろうと思っておりました

 

会社にも迷惑をかけないように

あと一か月頑張ろうと思い仕事に

行こうとした次の日

通勤電車の中で

職場の駅が近づくにつれ

身体の調子が悪くなり

途中駅で降車

 

結局その後その職場には出勤できず

電話でそのまま退職の旨を伝えることに

 

とても良い会社でした

辞めるにも関わらず

出勤日数に応じたボーナスも支払っていただきました

 

しかし私に合わなかった

 

辞めたあとも

罪悪感は残りました

 

 

辞めてみて思うこと

 

でも本当に辞めれて良かったと思っています

あの精神状態のまま

生き続けていくことは

私には耐えられなかったと思います

 

簡単に仕事を辞めるということは

なかなかできないと思います

その当時も

辞めたら楽になれるのにな

と心の中ではわかっていました

 

ただ仕事を辞めた後に思ったことは

仕事は簡単に辞められた

ということです

 

精神を壊しても続ける必要はあるのか?

 

もし今同じような悩みを抱えている人がいるのなら

一度考えてみてほしいです

 

きっと私が入ったホワイト企業

多くの人は精神なんて壊さずに済んだのだと思います

 

逆に以前私が働いていたブラック企業では

実際に精神的に病んでしまい

仕事を休みがちになってしまった人もいましたが

私はむしろ楽しく働くことができていました

 

人によってどこで何を感じるかは違います

人によって合う合わないは違います

 

精神的に辛いなと感じているならば

それは心からあなたへのメッセージかもしれません

 

 

転職20回してきて思うこと

 

一番大切なのは

仕事ではなく

自分の人生

 

家族がいる方は

余計に悩まれるかもしれませんが

辛い状態で毎日仕事をしているあなたのことを

家族の方は喜ぶでしょうか?

 

家族に相談することが一番かもしれませんが

親しい間柄こそこういう相談はしずらいかもしれません

誰でもいいので相談すると

客観的に自分を見ることもできるかもしれません

 

転職をいろいろしてきた私から言えることは

 

「仕事はそれだけじゃない」

「他にも仕事はいっぱいある」

 

ということです

 

前回紹介した私の友人の下品なSがこんなことを

言っておりました

 

「俺にとって仕事は言ってみればアプリみたいなものだ」

 

自分の人生にどのようなアプリを入れていくか

仕事はこのアプリ

趣味はこのアプリ

といったように

自分でアプリを選んでいき

そしてこのアプリはつまらないなと

アプリをアンインストールし

新しいアプリをインストールする

 

Sの発言は相変わらず下品で不謹慎かもしれませんが

そのくらいの感覚で仕事を選んだり辞めたりしたほうが

心は楽になるのではないでしょうか?

 

辛い状況の中

転職するのも選択肢

仕事を続けるのも選択肢

休職するという選択肢だってあります

きっと選択肢はいろいろあるはずです

自分の中でその選択肢が

たくさんあることを

わかっているだけで

少し楽になるかもしれませんね

 

一番良いのは

相談できる人が 身近にいること

もっと言えば

会社内にそういう人がいること

 

しかしそういう

人が周りにいないから

悩んでいるという人もいるかと思います

 

転職サイトでは

転職エージェントという

転職の味方になってくれる

転職の相談相手がいます

お話しするだけで気も

楽になれるかもしれませんね

 

 

人生の多くの時間を

人は仕事に費やすことに

なるかと思います

 

そんな大切な時間を

辛い思いに費やすのは

もったいないですよね

 

もちろん

辛い思いをしたからこそ

手に入れられるものも

あると思います

 

どう思って

どう行動するのかは

最終的には本人次第です

 

でも大切な人生の時間

笑顔で過ごす時間が

多くなれば良いなと

私は思っております